WiMAX研究室

WiMAXプロバイダーの月額料金プランを徹底比較&ランキング!
WiMAX研究室 > 限界突破WiFiは遅い?無制限は本当?料金や口コミを調べてみた

限界突破WiFiは遅い?無制限は本当?料金や口コミを調べてみた

限界突破WiFiは遅い?無制限は本当?料金や口コミを調べてみた

限界突破WiFiとは?

限界突破WiFiとは、エックスモバイル株式会社が提供しているポケットWiFiサービスです。エックスモバイルは限界突破WiFiのほかに格安SIMの販売やスマホ本体の販売も行っており、実店舗は全国80店舗以上となっています。氷川きよしさんを起用したTVCMも流れているので、聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。

CM内や公式サイトでは「通信容量無制限」と書かれていますが、本当に無制限なのでしょうか?最近のポケットWiFiは通信障害が多く、運営会社の対応に不安を抱く方も多いと思います。このページでは限界突破WiFiの基本情報から、運営について、公式サイトだけでは分からないデメリットなどを解説していきます。

限界突破WiFiの料金・基本情報

限界突破WiFi
限界突破WiFi
データ通信量 無制限/月
速度制限 ・5GBまで高速
・5~10GBまで下り4Mbps
・10GB以上は低速(128kbps)
契約年数 2年
事務手数料 無料
月額料金 3,850円
2年間総額※ 9万2,400円
端末 jetfon P6
回線 クラウドSIM
支払い方法 クレカのみ
最短発送日 4日前後で発送
解約料 2年以内:1万8,000円
3年目以降:5,000円

月額料金はずっと変わらず3,850円のまま

WiMAXなどは最初の数カ月が安くて、それが終わると月額料金が高くなる、ということが多いです。

しかし、限界突破WiFiはずっと一定料金で使い続けることができます!2年後も変わらず3,850円(税込)のままです。

クラウドSIMで3キャリア回線が使える!海外もそのままOK!

クラウドSIMで3キャリア回線が使える!海外もそのままOK!

クラウドSIMを使用しているので、その時最適な回線を選んで通信してくれます。使用する回線はSoftbank・au・docomoの3大キャリアの回線です。

海外で使用すれば、そのままその国の回線につなげてくれるので面倒な手続きなどは必要ありません!海外で使用した場合は別途料金がかかるのでご注意ください。

月のデータ通信量は無制限!

月のデータ通信量は無制限!

限界突破WiFiは、月のデータ通信量の制限はありません!どれだけ使用しても料金がかわらず、好きなだけ使うことができます。

しかし、通信量の制限がないかわりに速度制限があります。1日の使用のうち、通信量が5GBを超えるまでは通常通り高速データ通信のままです。5GBと超えると最高速度が4Mbpsに制限されます。さらに、10GBを超えると速度が128kbpsまで低速化してしまいます。1日10GBを超えた後も、速度は遅くなりますが使用自体は可能です。

制限がかかってしまっても1日ごとにリセットされますので、次の日にはまた高速データ通信に戻ります。

いまなら端末・事務手数料が無料!

いま申し込みをすると、端末本体と事務手数料が無料になります!大抵はどのポケットWiFiも事務手数料として3,300円(税込)が初月のみかかってしまいます。事務手数料と月額料金を合わせると5,000~6,000円は初期費用としてかかるので、結構値段となってしまいます。

限界突破WiFiは月額料金も利用を開始した月は日割り計算となりますので、事務手数料もかからず初月はお得に使うことができます。

限界突破WiFiの端末

名称 jetfon P6
jetfon P6
メーカー MAYA SYSTEM社
下り最大速度 150Mbps
上り最大速度 50Mbps
本体サイズ 幅:74.2
高さ:152.9
厚さ:8.5mm
ディスプレイサイズ 5.7インチ
重さ 149g
SIMスロット nano SIM
連続通信時間 最大15時間
同時接続台数 8台
インターフェイス Type-C USB

端末はMAYA SYSTEM社のjetfon p6という機器です。もともとはルーターではなく、クラウドSIMシステムを使用できるスマホ端末です。

ディスプレイは5.7インチと大画面で見やすく、スマホなのでタップで操作が可能です。他社のルーターと違い、いちいちマイページなどにログインしなくてもどのくらい使用したかを画面上で確認できるので便利です。iPhone XSとiPhone 11Proが5.8インチなので、それよりも少し小さい程度と考えていいでしょう。

連続通信時間は15時間とルーターの中でもかなり長い方となっています。さらに翻訳アプリや地図アプリがそのまま使えますので、海外旅行などではスマホの充電を消耗せずに済みますよ。

端末は定期的にアップデートがある

定期的に端末本体のソフト更新が行われます。更新内容は主に機能やシステムの改善です。

直近で行われた更新では、バッテリーの寿命を延ばす機能改善<、通信の途切れる時間を減らすためクラウドSIMの最適化など日々アップデートされていっています。多少調子が悪くてもアップデートでの改善に期待しつつ使用している方も多いようです。

2020年3月に発生した通信障害・速度制限について

上記にも記載通り、1日のデータ通信量の使用量に基づいて速度制限が設定されてます。

実は、以前は速度制限がなく1日の通信量も無制限でした。しかし、2020年3月ごろに多くの利用者に対して速度制限が行われていることが明らかになりました。原因としては、一部の利用者によって不正な大容量通信(4TB以上)が行われたためにサーバーが不安定になったためです。

その後、メーカー等供給元との関係で1日の使用量に対し速度制限を行わざるを得なくなってしまったため、4月から1日10GB以上は低速、5~10GBでも4Mbpsという制限を設けています。3月の月額料金の返金処理や希望者には解約手数料なしでの解約受付等を行い、運営を行っているエックスモバイル株式会社の社長が自らYouTubeにて謝罪・原因等の説明をするなどの対応も行っていました。

限界突破WiFiは繋がりづらい?遅い?

限界突破WiFiについて調べてみると、繋がりづらい・遅いという声を目にしたためTwitterにて調べてみました。結果、

  • 3キャリア以外の接続先に繋がることがある
  • 都市部の方が速い

ということが稀にあるようです。

3キャリアの回線につながると公式サイトには書いてありますが、格安スマホ等で使われるMVNO回線につながってしまうこともあるようです。MVNO回線はお昼時や夜間は回線が混み合い速度が低下しますし、キャリア回線と比べるとやはり弱いです。Softbankやau回線に繋がれば速度は問題ないようですね。

通信障害が起きていた頃の口コミ

下記は通信障害が起きていた3月頃の口コミです。やはりほぼネットが使えないほど速度が低下していたようですね。

限界突破WiFiのメリット・デメリット

メリット

月150GBまでは高速で使えてコスパが良い

5GB/日までは高速データ通信が可能なので、1カ月30日で計算をすると150GB/月は高速で使えることになります。

他社ポケットWiFiと比較すると、データ通信量は月20~40GBや100GBとなっているため、限界突破WiFiの方がデータ通信量も多くさらに月額料金が比較的安めとなっています!

ポケットWiFi データ通信量 月額料金(税込)
限界突破WiFi
限界突破WiFi
10GB/日
(5GBから低速化)
3,850円
BroadWiMAX
BroadWiMAX
10GB/3日 3,752円
それがだいじWiFi
それがだいじWiFi
100GB/月 3,575円
ZEUSWiFi
ZEUSWiFi
40GB/月 4,708円
100GB/月 4,708円
縛りなしWiFi
縛りなしWiFi
2G/日 3,630円
20G/月 3,300円

端末が使いやすい

他社ポケットWiFiで使われている端末はU2sやU3が多いですが、これらはディスプレイがついていません。小さなランプの点灯や点滅でバッテリー残量を確認したり、使用した通信量を把握するにはスマホからマイページにログインしなければいけなかったりと何かと面倒です。

限界突破WiFiの端末は大きなディスプレイでスマホ同様に使えるので、普段使い慣れてない方でも簡単に情報を確認することができますよ。

初月が安く始めやすい

今なら事務手数料が無料なので、初月は月額料金の日割り料金のみで契約することができます!

25カ月目以降は1年ごとの契約更新

契約期間は2年間となっていますが、最初の2年間を過ぎればあとは1年ごとの契約となります。また、25カ月目~27カ月目の3カ月間が更新月となります。

更新月は通常1カ月間のことが多く、気づいたら更新月を過ぎていた…なんてことも多いです。3カ月間はだいぶ余裕があるので、他社より解約しやすくなっています。

解約は毎月25日18時30分が締日となり、それまでに解約申請をした方は当月末で解約となります。締日を過ぎてしまうと翌月末で解約となりますので注意しましょう。

デメリット

過去のプラン変更に不安がある

以前までは「無制限・速度制限なし」と宣伝されていたにも関わらず、急なプラン変更による速度制限が課されたことで不満を持っている方は多いです。

「また障害で繋がらなくなるのでは?」「またプラン内容が変わるのでは?」と、今後の使用にも不安が残ります。また口コミでも書かれていましたが、キャリア回線以外に接続されたり繋がらないことがあったりと品質面も気になるところです。

いくら月の使用量が無制限だとしても繋がらなかったり、遅かったりしては意味がありません。

発送が遅い

発送までに、最短でも4日間かかります。即日発送や翌日発送をしてくれる他社と比べると少々遅めです。

明日からすぐ使いたいという方にはおすすめできません。

限界突破WiFiはおすすめできるのか?

正直に言うと限界突破WiFiはおすすめできません。

理由は、1日での速度制限があるからです。日によって使用量が偏る場合、5GB以上で4Mbpsまで下がってしまうのは厳しいでしょう。また、絶対に4kbpsの速さが出るわけではありません。場所や状況によっては4kbps以下になる場合もあるため、動画などが途切れてしまったり見れなくなってしまう可能性もあります。

しかし、1日5GB以上使わないという方にとってはかなりコスパの良いポケットWiFiです!多く使う時があっても5GB以上使うことはない、という場合はおすすめできます。速度や安定性については今後も多少不安が残りますが、そこは理解した上で申し込みをしましょう。

おすすめは「それがだいじWiFi」!

1日の速度制限がないポケットWiFiをお探しの方には、それがだいじWiFiがおすすめです!
それがだいじWiFi
それがだいじWiFiの特徴
  • 月100GB使える大容量プラン!
  • 他社と比べて安い!
  • そのままで海外利用可能!
契約年数 2年
データ通信量 100GB/月
初月料金 3,575円
月額料金 3,575円
端末 U2s
回線 クラウドSIM
支払い方法 クレジットカードのみ

それがだいじWiFiは、月100GB使えるポケットWiFiです。クラウドSIMを使用しており、回線はSoftbank・au・docomoの3回線からその時つながりやすい回線を選んで接続されます。

料金は3,575円(税抜:3,250円)と、100GBという割にかなりの安さです!他社では4,000円を超えるところも多いので、コスパのいいポケットWiFiとなっています。1日〇GBという制限もありません!しかし、契約期間は2年間と縛りがあるので注意しましょう。

海外でもそのまま利用が可能ですが、1日に使えるデータ通信量は最高でも1GBとなっています。1日500GBのプランと1日1GBのプランを申し込み時に選ぶことができ、一度選んでしまうと後から変更ができません。

端末は購入型となっているので、解約後に返却する必要はありません。

まとめ

限界突破WiFiを検討するにおいて押さえておきたいのは、

  • 1日5GB使うと速度制限がかかる(高速→4Mbps)
  • 1日10GBを超えるとほぼ使えなくなる(4Mbps→128kbps)
  • 2年契約を一度更新すると、その後は1年契約
  • 過去に通信障害が原因でプラン変更があった
  • 申し込みから端末到着まで4日前後かかる

以上を踏まえて問題のない方は、限界突破WiFiでも問題なく使えると思います!

限界突破WiFiはネット申し込みだけではなく、X-mobile店舗でも申し込むことができます。デモ機が置いてあるところもあるので、実際に触ってみたいという方は店舗に行ってみましょう。

他にも、契約期間縛りのないポケットWiFiや、料金の比較などを下記の記事で紹介しています。他にもポケットWiFiを見てみたいという方はぜひ参考にしてください。