WiMAX研究室

WiMAXプロバイダーの月額料金プランを徹底比較&ランキング!
WiMAX研究室 > スマホ新料金プランは本当にお得?新プラン+ポケットWiFiが最強な理由

スマホ新料金プランは本当にお得?新プラン+ポケットWiFiが最強な理由

スマホ新料金プランは本当にお得?新プラン+ポケットWiFiが最強な理由

2021年に入り、携帯電話会社のdocomo・au・Softbankが続々とスマホの新プランを発表いたしました!大手キャリアに続き楽天モバイルやY!mobileなども新プランを発表。以前よりも価格が下がり、20GBが3,000円以下などネット料金もお得になりました。

しかしこの新プラン、どんなプラン内容なのか?ネットがお得になるってどのくらい?どこが一番お得?など気になる方も多いと思います。

今回はそんな気になる携帯会社の新プランの解説と注意点をまとめました。また、新プランにした場合はポケットWiFiやWiMAXは必要なのか?もお伝えします!

新プランの共通点

新プランはすべてオンラインから申し込み

docomoから「ahamo(アハモ)」、auから「povo」、ソフトバンクからは「Softbank on LINE(仮称)」が発表されましたが、これらすべてはオンライン専用プランとなります。

オンライン専用とは、店舗での契約やサポートは受けられないということです。例えば現在auのプランを使用していてpovoに乗り換えたい場合はネットからお申込みしなければいけません。店舗に行っても契約はできないので注意が必要です。

値段が大幅に下がった

それぞれのブランドのプランを見てみると、50GBや無制限で使える6,000~7,000円のプランが主流となっています。そこから家族割や光回線割引などを引けば多少安くはなりますが、家族で使用していない場合や光回線を引いてない場合はかなり高めですね。

しかし、今回の3社新プランは20GB+国内通話5分間無料が2,980円とかなりお得な料金です。データ通信量は20GBと限られていますが、50GBもいらないけど1~3GBじゃ足りないという方にはぴったりのプランです。

5Gに対応

スマホの主流回線は4G回線ですが、今後はどんどん5G回線に移行していきます。すでに使用できるエリアもありますが、まだ都内の一部エリアなど使える場所は限られています。

4Gと5Gの違いは、主に速度です。4Gは1Gbpsが最高速度とされていますが、5Gは20Gbpsとなんと20倍の速さです!いままで時間がかかっていた高画質動画の読み込みや、大きなデータのインストール時間も大幅に短縮されるでしょう。

また、基地局の同時接続可能数が増えることで、スマホ以外の機器のネット接続にも対応できるようになります。同時接続に耐え切れず速度が低下したり、接続が切れてしまうということもなくなるので、様々な製品のIoT化がさらに進むと言われています。

IoTとは、「Internet of Things」の略で、訳するとモノのインターネットとなります。訳のままで、モノつまり様々な製品がインターネットに接続されるようになることを意味します。

例えば、エアコンがIoT化されれば外出先でも電源のオンオフが可能に、自宅のドアがIoT化されればどこからでも鍵をかけることができます。他にも、ポットが利用されれば離れた家族に通知がいくなど、これらもIoT化された製品ですね。

新プランはすべて5Gに対応しているため、5G対応のスマホがあれば追加料金なしで使用することができます。

新プラン共通の注意すべき点

店舗や電話でのサポートがない

店舗や電話でのサポートがないため、契約やオプションなどの申し込みはすべてWEB上から行うこととなります。故障した場合や不明点を問い合わせたい場合も、店舗では対応してもらえないためWEBサイトのチャットサポートなどから問い合わせしなければいけません。

電話サポートについては、Softbank on LINE・povoについてはまだ未定とされていますが、ahamoでは対応できないと発表されました。問い合わせは完全にチャットサポートのみでの対応となっています。

よって、WEBから一人で申し込みするのは不安という方や、何かあったらショップで対応してもらっていたという方にはおすすめできません。

家族割などが適用されない

いままでは家族が同じキャリアを使用していれば人数に応じて割引が、同じキャリアの光回線を使用していれば割引が適用されていましたが、それぞれの新プランではこれらの割引が適用されません。

例えば家族4人でauを使用していた場合、家族割プラスが適用され一人当たり毎月2,020円が割引されていました。しかし、このうち1人がpovoに乗り換えると、家族割プラスの加入人数は3人となり割引は1,000円に下がってしまうのです。

このように、乗り換えることによって割引額が下がることもあるので注意が必要です。

MNP転出が必要

たとえauからpovoへ、ドコモからahamoへの移行でもMNP転出が必要となります。MNPとはMobile Number Portabilityの略で、電話番号を変えずに他社へ乗り換えする時に使う制度のことです。

全ての新プランは各キャリアの新料金プランとして発表されていますが、通常のプラン変更とは異なるので注意しましょう。

キャリアメールは使えない

キャリアメールとは契約時に付与されたメールアドレスで、メールアドレスの後半が「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@docomo.ne.jp」などになっているアドレスを指します。

新プランでは、これらのキャリアメールは使えなくなります。いままでキャリアメールを利用していた場合は、すべてGmailなどのフリーメールに変更しなければいけません。会員登録などにメールアドレスを使用している場合もすべて変更が必要です。

キャリアメールが使えなくなる理由としては、それぞれの新プランが各社の別ブランドという位置付けだからだと考えられます。

新プランは各キャリアから発表されている新料金プランですが、契約にMNP転出が必要であったり、家族割などが適用されない点を見るとほぼサブブランド的な扱いとなっています。ahamoが完全にドコモの新料金プランであれば、通常はMNP転出など必要ないはずです。

よって、厳密にいうと別ブランドという位置づけになり、各キャリア内のプランではなくなるため、キャリアメールも使えなくなってしまったと考えられます。

ドコモのahamo(アハモ)

ドコモのahamo(アハモ)

データ通信量 20GB
月額料金 2,980円
(税込:3,278円)
通話料金 国内5分以内無料
5分超過時20円/30秒
低速時速度 1Mbps
ギガ追加 500円/1GB
家族割引 ファミリー割引:対象外
みんなドコモ割:カウントのみ対象
光回線割引 ドコモ光:対象外
テザリング 無料
予約特典 dポイント3,000円分プレゼント

ドコモから発表されたahamoは、月額2,980円で20GBが使える新プランです。5分以内の通話かけ放題が含まれているので、これ以上に料金はかかりません!データ使用量が20GBを超えると低速化されますが、1MbpsなのでLINEやメール程度なら問題なく使えます。

ファミリー割引は家族間での国内通話が無料になる割引制度ですが、家族間でahamoからドコモへの通話は適用外となります。しかし、ドコモからahamoへの通話は無料となるため完全に適用外となるわけではありません。

みんなドコモ割は、家族でドコモ回線が多いほど割引されるという制度です。2人だと550円割引、3人以上だと1,100円割引となります。ahamoがカウントのみ対象というのは、家族内でドコモが2人、ahamoが1人の場合でもドコモ2人が3人加入時(1,100円)の割引を受けられるということです。

家族にahamo回線がいてもドコモ側では家族としてカウントされるということですね。割引額が減るわけではないので、安心して乗り換えができます。しかし、光回線割引は完全に対象外となります。

また、ahamoは完全にオンラインのみでの対応と発表されています。契約から解約、故障時の手続きも専用アプリまたはWEBからのチャットサポートのみとなっていますので、店舗や電話でのサポートは一切対応していません。

いままで店舗ですべての手続きを行っていた、困ったときは電話や店舗でサポートしてもらっていたという方は注意しましょう。

ドコモのギガホプランと比較

ドコモのギガホプランと比較
※ギガホ割引時=ギガホ基本料金(7,315円)― みんなドコモ割(3人以上)1,100円 - ドコモ光セット割1,100円

ドコモでは、2021年4月から5G対応の新プラン「5Gギガホプレミア」をスタートします。このギガホプランですが、ahamoとどちらがお得なのでしょうか?ギガホプランの料金と、ギガホプランから家族割(3人以上)+光割を割り引いた料金、ahamoの料金をそれぞれ比較しました。

ギガホはデータ使用量は無制限ですが、通話は家族ドコモユーザー以外は有料というプランです。オプションで5分通話無料:770円、かけ放題:1,870円をつけることも可能です。

データ使用量が3GB以下の月は自動的に1,650円が割引されますので、使わない月があった場合もお得となっています。

比べると、割引がはいっても20GBまでならahamoが圧倒的に安いことがわかりました!しかし、ahamoでは20GB以上は低速化するため、20GB以上必ず使う方、家族割+光割もあるという方はやはりギガホプランのままのほうがいいでしょう。

auのpovo(ポヴォ)

auのpovo(ポヴォ)

データ通信量 20GB
月額料金 2,480円
(税込:2,728円)
通話料金 20円/30秒
国内5分以内500円/月
低速時速度 1Mbps
ギガ追加 500円/1GB
家族割引 家族割プラス:対象外
光回線割引 スマートバリュー:対象外
テザリング 無料
オプション ・国内5分以内通話 500円/月
・データ使い放題 200円/24時間
予約特典 auPAY残高3,000円プレゼント

povoは他社より500円安い2,480円/20GBのプランです。しかし、通話は有料となります。もしオプションで5分以内かけ放題500円を付けると、ahamoやSoftbank on LINEと同じ2,980円になります。ahamoとSoftbank on LINEは5分以内通話がプラン内容に組み込まれてしまっているので外すことはできませんが、povoでは必要ない場合その分安くなるんですね。

また、20GBとは別に24時間データ使い放題を200円で購入することが可能です。購入した時点から24時間、いくらデータ量を消費してもプランの20GBには影響ありません。大量に使うことがわかっている場合などにはかなり便利なオプションです。

他社と同じく、家族割プラスやスマートバリュー(光回線割引)も対象外となっています。家族割についてはカウントも対象外です。仮に4人家族で1人がpovoに変更した場合、割引額は2,020円から1,000円に減額となりますのでご注意ください。

契約や手続きはオンラインでのみ対応となりますが、サポートについてはどこまでオンライン対応でどこまで店舗・電話で対応できるかはまだ発表されていません。

auの使い放題MAX 5Gプランと比較

auのデータMAX 5Gプランと比較
※使い放題MAX割引時=使い放題MAX基本料金(6,580円)― 家族割プラス(3人以上)1,000円 - auスマートバリュー1,000円

auは2021年3月から新プラン「使い放題MAX 5G/4G」を開始!この使い放題MAXプランとpovoの料金を比較してみました。使い放題MAXプランは月額6,580円でデータ使用量が無制限のプランです。通話は20円/30秒がかかるため、頻繁に通話をするという方は通話定額プランを別途申し込んだ方がお得になります。

上記の表では使い放題MAXプランを、「割引がない場合の基本料金」と「家族割プラス(3人以上)とスマートバリューで割引された料金」に分けて計算しています。また、データMAXプランでは3GB以下の月は自動的に1,500円が基本料金からひかれて請求されます。

povoは20GBまでしか使用できませんが月額料金は一番安価です。よって、毎月20GB以下しか使わないという方はpovoにしたほうが通話も入っていてかなりお得となります!無制限じゃなくてもいいけど、3GB以上は絶対使うという方にはぜひおすすめしたいプランです。また、データを多く使用する日でも、200円/24時間でその日は使い放題になるのでかなり使い勝手のいいプランでとなっています。

しかし、絶対に20GBを超えるという方は使い放題MAXプランの方がお得ですね。家族全員が使い放題MAXプランで、さらにスマートバリューも効くならpovoよりも使い放題MAXプランのほうがいいでしょう。

ソフトバンクのSoftbank on LINE(仮称)

ソフトバンクのSoftbank on LINE(仮称)

データ通信量 20GB
月額料金 2,980円
(税込:3,278円)
通話料金 国内5分以内無料
5分超過時20円/30秒
低速時速度 1Mbps
ギガ追加 500円/1GB
家族割引 新みんな家族割:対象外
光回線割引 おうち割光セット:対象外
テザリング 無料
予約特典 PayPayボーナス3,000円相当プレゼント

Softbank on LINEは、LINE MOBILEをソフトバンクが吸収合併し新しくソフトバンクの本回線で提供するサービスになります。ahamoやpovoとの違いは、LINEがギガノーカウントとなる点です!

現時点では、LINEアプリにおける通話とトークがデータ量消費にカウントされません。(LINE Musicなどの対応は未定)どれだけ通話をしてもノーカウントのため、普段LINEで長時間通話をするという方でもデータ量を気にせずに使うことができます。通常の通話も5分以内なら無料。もし5分以上の通話が頻繁にある方は、+1,000円でかけ放題オプションをつけることも可能です。

家族割やおうち割光セットについては他社同様、割引は対象外となります。カウントがどうなるかは発表されていないため未定ですが、ドコモが対応したことを考えると今後対応する可能性もなくはありません。

ソフトバンクのメリハリプランと比較

ソフトバンクのメリハリプランと比較
※メリハリ割引時=メリハリ無制限基本料金(6,580円)― 新みんな家族割(3人以上)1,100円 - おうち割光セット1,000円

2021年3月からスタートするソフトバンクの「メリハリ無制限」とSoftbank on LINEの料金を比較してみました。メリハリ無制限は「割引がない場合の基本料金」と「新みんな家族割+おうち割光セットを割り引いた場合の料金」に分けて記載しています。

メリハリ無制限プランはデータ通信量無制限のプランです。通話は20円/30秒がかかりますが、オプションで5分以内通話かけ放題が500円/月、かけ放題が1,500円をつけることも可能です。

新プランと比べると、割引が効く方で毎月3GB以下しか使わないという方なら新プランと同じ料金になります。よって、各割引が効く方なら、データ通信量を使う方でも使わない方でもメリハリプランがお得です。確実に20GBを超える方もメリハリ無制限がおすすめです。ただ、必ず3GB以上20GB以下になるという方は新プランがいいでしょう。

データ量が足りない方はポケットWiFiがおすすめ

新プランは低価格で魅力的ですが、やっぱり20GBという制限がネックですよね。自宅にすでに光回線があるという方はデータ量の消費を抑えられるかもしれませんが、ない場合はデータの消費を気にしながら使用しなければいけません。

20GBじゃ足りないけど新プランには乗り換えたい、スマホの料金を下げたい…そんな方にはポケットWiFiがおすすめです!ここからはポケットWiFiの使い方や料金、新プランと合わせて使用した場合の料金を紹介します。

新プラン+ポケットWiFiをおすすめする理由

他の機器もつなげられる

ポケットWiFiはスマホだけではなく、他の機器もネットにつなげることができます。ノートパソコンやゲーム機などもつなぐことができるため、自宅では光回線の代わりのようにして使うことも可能!

普段はスマホをテザリングさせてノートパソコン等を使用しているという方も、ポケットWiFiを使えばスマホのデータ料や充電を節約することができますよ。もちろん外にも持っていけるので、屋内外問わずどこでもネットにつなげることができます。

各キャリアのギガ無制限プランはテザリングが30GBまでなど制限されている場合があります。しかし、ポケットWiFiは容量内であれば好きなだけ使えますので、スマホだけではなく他の機器も繋げられる回線が欲しい!という方には絶対にポケットWiFiがおすすめです!

工事の必要なしですぐに使える

ポケットWiFiはWEBからならいつでも申し込み可能。申し込めば数日で家に届き、電源をいれるだけですぐに使用することができます!

光回線のように工事や面倒な設定は必要ありません。

料金が安い

光回線は月額4,000~5,000円ほどしますが、ポケットWiFiのほとんどは月額3,000円台で使うことができます。

容量は無制限ではありませんが月100GBほどなら3,000円台で使えるため、新プランと合わせて120GB月に使える計算に。

おすすめのポケットWiFiとWiMAX

ポケットWiFiにはソフトバンクなどのキャリア回線を使用するポケットWiFiと、WiMAX2+回線という専用回線を使用するWiMAXの2種類があります。

特徴としてはポケットWiFiはキャリア回線なので繋がるエリアもスマホ等とほぼ同じです。最近のポケットWiFiは、ソフトバンク・au・ドコモの3回線の中から一番繋がりやすい回線を選んで繋げてくれるクラウドSIMシステムを使用しています。クラウドSIMなら海外も手続きをすることなくそのまま持っていくだけで使用が可能です(別途使用料金がかかります)。

WiMAXは独自の回線のため、使用エリアは各キャリアとは異なります。ほとんどのエリアをカバーしてはいますが、山間部などでは繋がりにくい場合があるため事前にエリア判定をすることをおすすめします。

WiMAXはキャリア回線を使用したポケットWiFiより速度が速く、使用環境にも左右されますが約15~30Mbpsが安定して出ます。ポケットWiFiは8~10Mbpsほどなので、より速い回線がほしいという方におすすめです!

おすすめのポケットWiFi

MUGENWiFi
MUGENWiFiの特徴
  • 月100GBで最安!
  • 縛りなしプランあり!
  • 30日間おためし可能!
プラン 縛りありプラン 縛りなしプラン
契約年数 2年 なし
端末 U3 G4 U3
データ通信量 100GB 100GB 100GB
月額料金 3,718円 4,268円 4,378円
キャッシュバック 最大1万円
回線 クラウドSIM
支払い方法 クレジットカードのみ

「どのポケットWiFiを選べばいいからわからない」「とりあえず一番お得で無難なポケットWiFiが欲しい!」という方にはMUGENWiFi(ムゲンワイファイ)がおすすめです!MUGENWiFiは契約期間の縛りがあるプランと、縛りがないプランを提供しているポケットWiFiサービスです。

縛りありプランは2年契約となり、データ通信量は月100GBとかなり大容量です!他の100GBポケットWiFi(縛りありプラン)と比べても最安値となっています。さらに、現在お申込みいただいた方は最大で1万円のキャッシュバック進呈中!14カ月目と23カ月目に5,000円ずつ受け取ることができます。

また、ポケットWiFiで唯一「おためし」を行っています。縛りありプランに限り契約後30日間おためしすることができ、もし「電波が入らない」「速度が出ない」等で満足できなかった場合、事務手数料と月額料金を全額返金してくれます。ただ、端末返却の手数料1,100円と返却時の送料はご自身で負担となりますのでご注意ください。

解約手数料は25カ月目以降は無料となっているので、2年たてばいつでも解約が可能です。初めてポケットWiFiを使うという方・乗り換え先を探している方にもおすすめのポケットWiFiです!

おすすめのWiMAX

BroadWiMAX
BroadWiMAXの特徴!
  • 即日発送
  • 店舗受け取りサービス
  • 乗り換え違約金負担サービス
プラン料金 ギガ放題 ライトプラン
初月 2,999円日割り 2,999円日割り
1~2カ月目 2,999円 2,999円
3~24カ月目 3,752円 2,999円
25カ月目以降 4,412円 3,659円
3年間総額 14万1,486円 11万5,884円

BroadWiMAXは、月額割引キャンペーンを行っているプロバイダです。プランはすべて3年契約となります。WiMAX業界の中でも大手のプロバイダで、最新ルーターも発売当日から受付を開始しています!

さらに、BroadWiMAXは即日配送に対応しているのですぐに使いたいという方にもおすすめ。他のプロバイダでは2日~10日ほどかかる場合があります。

万が一、家で電波が全くはいらなかった!使えなかった!という場合には、8日以内に返送すれば違約金なしで解約ができます。(事務手数料と返送料はご自身で負担となります)

新プランとポケットWiFiを使った場合の料金

それでは、新プランとポケットWiFi・WiMAXを使用した場合は総額がいくらになるか?気になりますよね。おすすめのMUGENWiFiとBroadWiMAXを各新プランと使用した時の料金をそれぞれ計算してまとめてみました!

新プラン+MUGENWiFiの料金

新プラン名 ahamo povo Softbank on line
月額料金 2,980円 2,480円 2,980円
MUGENWiFi
月額料金
3,380円
合計 6,360円 5,860円 6,360円
※料金はすべて税抜です

新プラン+BroadWiMAXの料金

BroadWiMAXは使用年月で月額料金が変わるため、平均額の3,930円で計算しています。

新プラン名 ahamo povo Softbank on line
月額料金 2,980円 2,480円 2,980円
BroadWiMAX
月額料金
3,930円
合計 6,910円 6,410円 6,910円
※料金はすべて税抜です


それぞれを合算した場合の料金を見ると、MUGENWiFiが5,860~6,360円、BroadWiMAXが6,410~6,910円となりました。

各キャリアの無制限プラン(5Gギガホプレミア・使い放題MAX 5G・メリハリ無制限)と比べるとポケットWiFiを使用した方が安いかほぼ同額だということが分かります。MUGENWiFiとBroadWiMAXは無制限ではありませんので、規定のデータ量以上を使うと制限がかかってしまいますが、スマホだけではなくタブレットやゲーム機でも使えるのがやはり大きなメリットです。

また、テザリングではないので30GBまでという制限もありません!新プラン+ポケットWiFiまたはWiMAXで、以下がそろった環境が手に入ります。

  • 合計で120GBのデータ通信量
  • 通話5分間無料(povoは要オプション)
  • 他の機器もネットにつなげられる
  • 外でもネット可能
  • 低速時でも1Mbps

本当にスマホしかネットは必要ない!20GB以上は使わない!という方であれば新プランのみでも大丈夫ですが、少しでも不安があるという方はポケットWiFi・WiMAXを検討してみてください。

また、今回はMUGENWiFiとBroadWiMAXをご紹介しましたが、他にもいろんな種類があります。ポケットWiFiは100GBも必要ないという方は20GB40GBのプランもありますので、そちらをおすすめします。詳しくは下記のページでご紹介していますので、参考にしてください。

WiMAXもプロバイダ(販売店)が多く、それぞれ月額料金やキャンペーンが異なります。トップページではランキング形式でWiMAXプロバイダを紹介していますので、気になる方はご覧ください!

まとめ

各携帯会社の新プランについてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?

新プランはとてもお得ではありますが、キャリアメールが使えなかったり、店舗契約やサポートができないなどのデメリットもありますのでよく考えてから移行しましょう。

また、ご紹介した通り各キャリアの無制限プランにしなくても、ポケットWiFiを契約することで月100GB以上使える容量を増やすことができます。容量が足りない方だけではなく、他の機器をネットにつなげたい場合や屋外でノートパソコン・タブレットを使いたい方に便利です。

無制限プランはテザリングも可能ですが、テザリングの場合は月30GBまでと容量が決まっているので、常に外で使うという場合にはあまりおすすめできません。

家でも外でも好きなだけ使いたい!ゲーム機やタブレットでもネットを楽しみたい!という方は、ぜひポケットWiFiも検討してみてくださいね。