WiMAX研究室

WiMAXプロバイダーの月額料金プランを徹底比較&ランキング!
WiMAX研究室 > それがだいじWiFiはコスパ最強!?他社と比べたメリット・デメリットは?

それがだいじWiFiはコスパ最強!?他社と比べたメリット・デメリットは?

それがだいじWiFiはコスパ最強!?他社と比べたメリット・デメリットは?

それがだいじWiFiとは?

それがだいじWiFiは、ソリューションネットワーク株式会社が取り扱っているポケットWiFiサービスです。

Softbank・au・docomoの3回線からその時に一番最適な回線を選択してくれるクラウドSIMを使ったポケットWiFiで、月のデータ通信量は100GBまでとなっています。料金も一律3,575円(税抜:3,250円)と、他社と比べても割安!

クラウドSIMは海外でも使うことができるので、それがだいじWiFiを持っていくだけでそのまま使うことができます。

メリットだらけに聞こえるそれがだいじWiFiですが、やはりデメリットもあります。このページでは、公式ページではわかりにくい情報やデメリットもしっかりと解説し、他社との比較も行っています。

気になる方はぜひ参考にしてください。

それがだいじWiFiの料金・基本情報

それがだいじWiFi
それがだいじWiFi
データ通信量 100GB/月
契約年数 2年
事務手数料 3,300円
→キャンペーン適用で2,200円
月額料金 3,575円
2年間総額※ 8万9,100円
端末 U3
回線 クラウドSIM
支払い方法 クレカのみ
最短発送日 2~4日
解約料 4,500円
※月額料金 × 24カ月(2年間)+ 事務手数料 の合計

料金は月額3,575円

料金は月によって変わることはなく、一律3,575円(税抜:3,250円)です。

月の途中で契約したとしても日割り料金にはなりませんので注意しましょう!月末に申し込んだ場合でもその月は3,575円全額がかかりますので、申し込みは月の初めにし、早めに利用を開始したほうがお得です。

手続きなしで海外利用可能!

手続きなしで海外利用可能!

海外の回線を自動的に選択して繋げてくれるため、特に手続きをしなくてもそのまま端末を持っていくだけで海外でも使用することができます。

海外で使用した場合のデータ通信量と料金は、国内で使用した場合と異なります。海外で使用した場合は通常の月額料金にプラスして、下記の料金が加算されます。

500MBプラン 900円/日
1GBプラン 1,200円/日

500GBプランか100GBプランかは、申し込み時に選ぶことができます。しかし、一度選んでしまうと後から変更はできませんので注意しましょう!通信量は現地時間ではなく、日本時間の0時00分~23時59分で計算されます。

一日の最大通信量が1GBなのでそれ以上使用してしまうと384kbpsに制限がかかります。384kbpsでできるのは、LINEや地図アプリの使用程度だと思っておきましょう。サイトの閲覧なども多少はできますが、時間がかかってしまうなどのストレスはあります。

制限されても翌日には解除されますが、こちらも現地時間ではなく日本時間での計算となります。海外で使う場合は日本との時差を計算し、だいたい何時ごろにリセットされるのか確認しておきましょう。

【12/31まで】事務手数料1,000円オフキャンペーン実施中!

【12/31まで】事務手数料1,000円オフキャンペーン実施中!

10月に放送された神奈川ローカル番組「TiARYTV」にて、それがだいじWiFiが紹介されました!記念として、通常3,300円かかる事務手数料が1,000円オフの2,200円となるキャンペーンを実施中です!

申し込みフォームの最後に備考欄がありますので、そこに「TiARYTVをみた」と記載していただくと、本キャンペーンが適用されます。記載がないとキャンペーン対象外となってしまうのでご注意ください!

端末のスペック

名称 U3
U3
メーカー uCloudlink社
下り最大速度 150Mbps
上り最大速度 50Mbps
本体サイズ 幅:66
高さ:126
厚さ:10mm
重さ 125g
SIMスロット nano SIM
連続通信時間 最大12時間
同時接続台数 10台
インターフェイス Type-C USB

端末U3のみとなっています。uCloudlink社のルーターで、クラウドSIMを使っているポケットWiFiはほとんどこのU3か、ひと世代前のU2sになります。

U3は最新機種で大きさが少し小さく、そして厚さもうすくなりました。同時接続台数も5台から10台にアップ!とはいっても、速度などの性能に関しては特に変化はないので、U2sかU3かは悩まなくていいでしょう。

端末補償オプション

端末補償オプション

任意になりますが、月額料金に+440円(税抜400円)で端末の故障や破損を補償してくれる「Wi-Fi安心パック」をつけることができます。

補償内容は、通常使用における故障や破損、偶然の事故(火災・盗難・紛失・落雷・水濡れ等)で使用ができなくなった場合、2,200円(税込)での本体の交換ができるというものです。

Wi-Fi安心パックに入っていない場合、端末代満額(2万円以上)での交換になってしまいます。無茶な使い方をしない限り故障などはめったにないので通常はつけなくても問題ないと思いますが、どうしても不安な方は申し込み時に加入しましょう。

初回の申し込み時にしかオプションをつけることはできません。あとから加入したくてもできませんのでご注意ください。

それがだいじWiFiの解約方法

それがだいじWiFiはネットまたは電話口からの解約申請が可能です。

解約専用フォームはありませんので、ネットから解約申請する場合は問い合わせフォームに解約したい旨を記載して送信してください。毎月15日がその月の解約申請締め日となっていますので、その月で解約したい場合は15日までに連絡をしましょう。

契約満了の翌月、つまり25カ月目が更新月となります。解約申請をしなかった場合は自動更新となりますのでご注意ください!

更新月以外に解約する場合は4,500円の解約手数料がかかります。また、2年以内に解約した場合は解約手数料にプラスして端末の残債代がかかってしまいます。契約の残りの月 × 1,000円が端末残債代となりますので、解約が早ければ早いほど解約手数料がかかることに。契約する際は注意しましょう。

それがだいじWiFiと他社ポケットWiFiを比較!

それがだいじWiFi
それがだいじWiFi
どこよりもWiFi
どこよりもWiFi
ポケットモバイル
ポケットモバイル
hi-ho Let's WiFi ZEUSWiFi
ZEUSWiFi
THEWiFi
THEWiFi
限界突破WiFi
限界突破WiFi
縛りなしWiFi
縛りなしWiFi
NOZOMIWiFi
NOZOMIWiFi
データ通信量 100GB/月 100GB/月 20GB/月 20GB/月 50GB/月 100GB/月 4GB/日 7GB/日 20GB/月 40GB/月 100GB/月 20GB/月 40GB/月 100GB/月 4GB/日 10GB/日 縛りなしプラン
2G/日
縛りなしライト
20G/月
縛っちゃうプラン
2G/日
縛っちゃうプラン
20GB/月
無制限
契約年数 2年 2年 なし 2年 2年 2年 なし 2年 2年 なし 3年 なし
事務手数料 3,300円
→キャンペーン適用で2,200円
3,300円 3,300円 3,300円 3,300円 3,300円 無料 3,300円 4,378円
月額料金1 3,575円 3,498円 2,728円 3,278円 3,828円 3,575円 3,828円 4,730円 2,178円 2,948円 3,828円 2,618円 3,278円 4,708円 4,708円
(3カ月目まで)
3,850円 3,630円 3,300円 3,080円 2,860円 4,928円
月額料金2
(~24カ月目)
- - - - - - - - - - - - - - 5,106円
(3カ月目以降)
- - - - - -
2年間総額※ 8万9,100円 8万7,252円 6万8,772円 7万8,672円 9万1,872円 8万9,100円 9万1,322円 11万2,068円 5万5,572円 7万4,052円 9万3,522円 6万6,132円 8万1,972円 11万6,292円 12万4,650円 9万2,400円 9万420円 8万2,500円 7万7,220円 7万1,940円 12万2,650円
端末 U3 U3・U2s JT101 JT101 JT101 U3 U2s H01 U2s jethon P6 801ZT・601HW・FS030W U2
回線 クラウドSIM クラウドSIM Softbank Softbank Softbank クラウドSIM クラウドSIM クラウドSIM クラウドSIM クラウドSIM Softbank ソフトバンク
支払い方法 クレカのみ クレカのみ クレカのみ クレカのみ クレカのみ クレカのみ クレカのみ クレカのみ クレカのみ
最短発送日 2~4日 翌日 3日 3日 翌日 即日 4日前後 翌日 翌日
解約料 4,500円 9,500円 なし 4,500円 0~11カ月:1万8,000円
12カ月目以降:9,500円
9,500円 なし 9,800円 1万8,000円 1万5,000円 なし
※ 月額料金 × 24カ月(2年間)+ 事務手数料 の合計

それがだいじWiFiのプランを他社ポケットWiFiと比較してみました。料金だけではなく、契約期間や解約手数料などもそれぞれ異なるので注意してください。

それがだいじWiFiと同じような条件のポケットWiFiは、どこよりもWiFiポケットモバイルです。

どこよりもWiFiはそれがだいじWiFiよりわずかに月額料金が安く、月100GB使えるポケットWiFiの中で最安となっています!ただ、端末はレンタルとなりますので解約後は返却が必要になります。それがだいじWiFiの端末は購入型なので、解約後は手元に残ります。

端末はいらないから、少しでも月額料金を安くしたい!という方はどこよりもWiFiがおすすめですよ。

ポケットモバイルはそれがだいじWiFiと料金も変わらず、端末も購入型です。ですがそれがだいじWiFiは特典としてビューン@の無料使用ができますので、そこを考えるとそれがだいじWiFiの方がお得ですね。

他に月100GB使えるのはゼウスWiFiですが、2年契約の縛りがあるプランは料金が高めなのであまりおすすめできません。しかし、縛りなしプランでも月100GBが用意されており、月額料金は高めですが縛りなしで100GB使えるのはゼウスWiFiのみです。

料金は気にしないから、いつでも無料で解約できる100GBポケットWiFiがほしい!という方にはゼウスWiFiをおすすめします。

それがだいじWiFiのメリット

他社と比べて料金が安い!

100GBの大容量で月額3,575円は他社と比べるとかなりの安さです。

正直言うとどこよりもWiFiの方がわずかに安いのですが、その分それがだいじWiFiは解約後に端末の返却が必要ありません!自分でSIMカードを用意すればそのまま使用可能ですので、端末を残したい方はそれがだいじWiFiの方が確実にお得となっています。

ただし、2年以内に解約すると解約手数料にプラスして、端末の残債代を支払わなくてはいけないので注意してください。詳しくはデメリットで解説しています。

1日や3日の上限なし!月100GB使用可能

それがだいじWiFiの100GB保証プランは、名称通りひと月にデータ通信量100GBまで使用することができるプランです。

「WiMAXの3日10GBまで」「他社の1日7GBまで」といった日による上限はないため、日によって使う通信量が異なる方でも安心して使うことができますよ。

月の途中で100GBを超えてしまった場合は、その月の末まで速度が384kbpsに制限されます。解除されるのは翌月なので、不安な方はデータ通信量を確認しながら使用しましょう。

また、著しく回線を占有するほどの通信を行った場合は停止されたり速度低下という場合もありますのでご注意ください。大容量データをダウンロードするなどは避けた方がいいでしょう。

端末は購入型!

端末代は無料となっていますが、月額料金に端末代が含まれているため実質購入となっています。

他社のポケットWiFiは端末がレンタルとなっており、解約後は返却をしないといけないというところも多いですが、それがだいじWiFiは返却の必要はありません!

解約後は他社のSIMカードを入れて使用することもできるので、一応端末を持っておきたいという方にもおすすめです。

契約者はいつでも無料で雑誌読み放題!

契約者はいつでも無料で雑誌読み放題!

契約者特典として、雑誌14誌やマンガ約1万冊が読めるサービス「ビューン@」をいつでも無料で使うことができます。

普段読んでいる雑誌があれば、毎月500~700円ほど浮くことに!

それがだいじWiFiのデメリット

2年以内の解約は端末残債代もかかる

それがだいじWiFiの契約期間は2年間となっています。契約満了月の翌月が更新月となり、更新月中に解約しなかった場合は2年契約が自動更新となります。

なので最低でも2年間は使用しなければいけません。更新月以外に解約する場合は、解約料金4,500円がかかってしまいます。

また、最初の2年間は月額料金に端末代が含まれています。実は端末代は1,000円 × 24回払いの分割支払いとなっていて、月額料金に含まれているのです。そこから割引を行って月額3,575円となっています。

なので、最初の2年のうちに解約してしまうと残りの端末代も支払わなくてはいけません。もし1年で解約した場合は1,000円 × 12回の12,000円に解約金4,500円を足して、16,500円がかかることに。

3年目からは端末代はなくなるため、解約金4,500円のみの請求となります。申し込みの際は本当に2年間使うか、じっくり考えて申し込みましょう。

初月は日割りにならない

料金の項目にも記載していますが、月の途中で申し込んでも月額料金は満額かかります。他社ポケットWiFiは月の途中で申し込んだ場合日割り計算になることが多いので、初期費用が多少安く済む場合があります。

初月は事務手数料3,300円もかかってしまうため、月額料金を足すと6,875円も初月に支払わなくてはいけません。申し込む場合はなるべく月の初めに申し込み、月額料金が無駄にならないようにしましょう。

それがだいじWiFiについてよくある質問

申し込みには必要なものは?

本人名義のクレジットカードと、本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証等)が必要です。本人確認書類は写真でアップロードしなければいけないため、スマホなどカメラ機能が付いている機器から申し込むとスムーズです。

初月(利用開始月)はいくらかかるの?

初月は事務手数料3,300円と月額料金3,575円満額がかかります。月額料金は日割りにはなりません。合わせて6,875円がかかってしまうので準備をしておきましょう。

途中で端末やプランを変えることはできるの?

途中で端末を変えることはできません。また、現在は1プランしかありませんが、今後プランが増えても変更ができない可能性があります。

解約するときに端末の返却は必要?

端末は購入になりますので、解約しても返却は必要ありません!解約後は他社SIMカードを指して使用したり、GlocalMeアプリと連携させてデータ通信量を買うこともできます。

申し込んだらいつ届くの?

地域によりますが、最短で2~4日程度で届きます。配送日や配送時間については、申し込みの際に備考欄に記載することで可能な限り調整してもらえます。また、配送料は無料です。

支払い方法は?

クレジットカードのみでの支払いとなっています。口座振替は対応していません。

まとめ

それがだいじWiFiのメリット・デメリットを中心にまとめました。どんなポケットWiFiかお判りいただけたでしょうか?それがだいじWiFiは、下記のような方におすすめです!

  • 大容量ポケットWiFiじゃないと不安
  • 日によって使うデータ量が偏る
  • 2年間は使う予定がある
  • 解約後も端末を残したい

当サイトでは他にもポケットWiFiの紹介を行っています。

下記記事では無制限のポケットWiFiの他にも、データ通信量が少なく安いもの・契約期間の縛りがないものなども紹介していますので参考にしてみてくださいね。